【効果絶大!早朝ウォーキングダイエット】時間は?朝食は食べてから?

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

ウォーキングするなら早朝が一番効果的です。

それは、体のエネルギーが無くなっているので、強制的に脂肪をエネルギーに変えるからです。

今回の記事では、朝のウォーキングを効率的に行う方法や、注意するべきポイントを紹介しますね!

広告

早朝ウォーキングダイエットのメリット

ダイエットを成功させる大きなポイントは、体のエネルギーが少なくなってるタイミングで運動をすることです。

そうすると、脂肪を無理やりエネルギーとして使ってあげることができるんですね。

そして、寝起きタイミングでは、体のエネルギーはとても少なくなっています。

寝ている間に、体のエネルギーはほとんど使い切られているからです

そのため、起床から朝食前の時間に運動をしてあげることで、効率的に脂肪を燃焼するんです!

注意点「筋肉もエネルギーに変わってしまう。」

でも落とし穴もあります。

体のエネルギーが少ない状態で運動をすると確かに脂肪が燃焼されます。

しかし、あまりにエネルギーが不足しすぎると筋肉もエネルギーとして使われてしまう( 筋肉の分解)のです。

筋肉が減ってしまうと、ダイエットしても細いのにたるんだ体になってしまいます。

そして、代謝が下がって、太りやすい体質になってしまうんです。

そんな状態は避けたいですよね。。。

 

ここで解決策は2つあります。

1つ目は運動時間と、運動の負荷を調整することです。

早朝のウォーキングで、30分以下、かつ軽い早歩きくらいの負荷にすると、筋肉の分解も抑えることができます。

そして、もう1つがBCAAなどのアミノ酸を摂取してから運動するという方法です。

筋肉が分解されると、アミノ酸として体のエネルギーに変わります。

しかし、アミノ酸をあらかじめ摂取しておくことで、体は筋肉を分解してアミノ酸を作る必要がなくなるんです!

そして、体は、脂肪を燃焼したエネルギーと、摂取したアミノ酸を使うようになります。

もし、早朝から走ったりしたい場合には、BCAAがおすすめです。

僕がいつも使っているBCAA、SCIVATIONの「XTEND

 

しかし、起きてすぐの激しい運動はケガや障害のリスクがあるので、準備運動をしっかりおこなってくださいね!

そして早朝ウォーキングをするときには、脂肪燃焼効果を高めるカフェインを一緒にとることをおすすめします^^

広告

まとめ

このように早朝ウォーキングはダイエットとしての効果が高く、また良い生活リズムを作ることができます。

ぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

 

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。