ジムに通うべきなの??比較!!自宅トレーニングとジムトレーニング。

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、翼です。

今回はジムに通うかどうか悩んでいる、といった人に向けて、自宅トレーニングとジムトレーニングを徹底比較します!

自分にあった方を選んでくださいね。

広告

自重トレーニングとは

自宅トレーニングでは、主に自重トレーニングが中心になってきます。

自重トレーニングとはその名の通り、自分自身の体重を利用して筋肉に負荷を与えるような運動のことを言います。

腕立て伏せや腹筋運、懸垂などがこれに当たります。

そしてジムに通う場合にはウェイトトレーニングが中心になってきます。

ウェイトトレーニングとは

ダンベルやバーベル、筋トレマシンといったウェイトを使って、筋肉に負荷を与えるような運動のことです。

ダンベルを使った腕のトレーニングは、一度はどこかで目にしたことがあるんじゃないでしょうか?

このようなトレーニングはダンベルや、バーベル、筋トレマシンの重量を用いて筋肉に負荷をかけて成長させているんです!

広告

自重トレーニング「簡単で安全だが慣れると効果ダウン」

自重トレーニングは器具を使わないものがほとんどなので、ジムなどに行かずに自宅で簡単に行うことができます

負荷がそこまで大きくないのでケガのリスクも低く、女性や筋力に自身のない方にオススメです。

しかし負荷が一定なので、慣れてきて強度を高めるためには、回数をこなす必要があります。

そして、回数を増やしていくほど有酸素運動に近づいてしまうため、筋肉を増やすという点において効率の悪い運動になってしまいます。(筋肉を増やす場合には10回で限界になるような運動がおすすめ。)

またバリエーションがそこまで多くないので、マンネリ化し途中でやめてしまう人も多くいます

一度は自宅で腕立て伏せを始めたものの、途中で嫌になってやめてしまった人も多いのではないでしょうか??

ウェイトトレーニング「モチベーションを保ちやすい」

次に主にジムで行われるウェイトトレーニングについてです。

はじめに言いますと、筋肉を増やしたい人、絞れた体を作りたい人、、。

ウェイトトレーニングが圧倒的におすすめです!

なぜかと言うと、モチベーションをたもちやすいからです。

ウェイトトレーニングでは負荷を自由に調整できます。

そのため、筋力がアップしていくことで扱えるウェイトも増えていき、「もっと重いウェイトを持ち上げるぞ!」というモチベーションになるんです!(←これ、思ったより効果あります。)

その結果、自宅の自重トレーニングに比べて圧倒的に長続きしやすい傾向があります!

しかし、その反面、重たいものを扱うので、やり方によってはケガをしてしまうというリスクもあります。

最初のうちは筋トレに詳しい人と一緒に行くか、思い切ってパーソナルトレーナーをつけると言うのも非常に効果的です。

広告

まとめ

ウェイトトレーニングか自重トレーニングどちらを選ぶかは人それぞれです。

しかし、ジムに通うお金と時間のある方にはウェイトトレーニングをオススメします!

やっぱりモチベーションの維持がしやすいですからね

自重トレーニングも工夫によっては負荷を高めることもできますが、非常に単調な運動でバリエーションも少なくつまらなくなりがちです。

また、ジムに行けばコミュニティに加わることができ、その中でライバルを見つけたり、上級者からコツを学んだりすることができます。

それがモチベーションに繋がります。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。