痩せたいんなら筋トレしようぜ!!筋トレの知られざるダイエット効果。

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

ダイエットしたいんだけど、有酸素運動か、筋トレか、、、。

そんな風に悩んでいませんか?

それなら筋トレ!

筋トレには、様々なダイエット効果があります。

広告

その① 基礎代謝の向上!

まず、筋トレをすると、基礎代謝が向上します。

基礎代謝って何?と言いますと、、、

それは、何も運動しなくても体が勝手に消費してくれるカロリーの量のことですね!

筋トレで筋肉量が増えると、その筋肉はカロリーを勝手に消費してくれます。

反対に、筋肉量の少ない人は1日に消費するカロリーも少ないんです。

 

例えば、トラックと軽自動車をイメージしてみてください。

軽自動車はエンジンが小さいので、遠くまで走ってもガソリンをあまり使いませんね。

それに対して、トラックは大量にガソリンを消費します。

それと一緒です。筋肉のたくさんついた体は、同じ活動でも大量にエネルギーを消費するんです。

じゃあ、筋肉は実際どれくらいのエネルギーを消費してくれるのか??と言いますと、

東大の石井直方教授や国立健康・栄養研究所の発表によれば、筋肉1kgが1日に消費するカロリーは約60kcalだそうです。

筋肉3kgに換算すると、1日で180kcal、1ヶ月で5400kcalです!

5400kcalというのはドーナツに換算すると、約15個分

体重55kgの人のジョギングに換算するとなんと100kmのジョギングに相当する消費カロリーです

ということで筋肉は脂肪を燃やす焼却炉みたいなものなのです。

 

その② 運動後の脂肪燃焼がおこる

また、筋肉量が増える前でも、筋トレにはダイエット効果があります。

それが、筋トレ後にも脂肪燃焼が起こるということです。

筋トレ終了後には、筋肉は一定時間、熱を発生させます。そして、それによって脂肪が燃焼されていくんです。

こちらは、筋肉量が増えたことによる脂肪燃焼効果ではありません。

筋肉を使用したこと自体によって熱が生産されているのです。そして、この効果は最大24時間ほど持続することが確認されています。

 

また、この筋肉の発熱によって、冷え性の改善効果もあります。

血の巡りも良くなり、血栓の解消にもつながりますので、筋トレ後のメリットは計り知れませんね!

そして、筋トレのダイエット効果はもう1つあります。

広告

メリット③ 脂肪分解のホルモンが分泌される

5〜12回繰り返して限界になるような運動(ハードな筋トレ)をした場合には、成長ホルモンが分泌されます

成長ホルモン言うと、成長期の子供のイメージがありますが、大人でも筋トレ後に大量分泌されているんです。

そして、成長ホルモンは、

体脂肪を分解して、エネルギーとして使うことのできる状態にします!

 

そのため、体脂肪の減少につながるんですね!

 

成長ホルモンの脂肪分解効果は想像以上に大きいです。

若い人が比較的太りにくいのは、何もしなくても成長ホルモンの分泌量が多いからだと言われるくらいです。

逆に、中年太りは、加齢による成長ホルモンの分泌量の減少が原因かもしれません。(または筋肉量の減少。)

なので、「歳とって、最近太りやすくなったな〜。」と感じている方には、特に筋トレがオススメです。

成長ホルモンの脂肪分解効果は、ダイエットに非常に有効です!

まとめ

このように、筋トレには思いもよらないダイエット効果がつまっています!

実際筋トレは、ダイエットを行う時には、有酸素運動に比べて敬遠されがちです。

しかし当サイト『Logical Health』では筋トレで太りにくい体を作る、という方法を強く推奨しています!

具体的なダイエットの方法はこちらをご覧ください。↓↓↓

【筋トレ&有酸素運動】が最高のダイエット!効果的なメニューと食事を紹介

最後まで読んでいただきありがとうございました!^^

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。