『筋トレ好きならアボガド食べろ!』5つの効果&栄養価・成分・効能も紹介。

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

最近、女子たちの間では、アボカドが空前のブームになっています。

美容効果の塊ですからね!

でも、僕はアボカドを勧めたい、、。

 

筋トレ野郎に!!!

広告

効果① アボカドは天然の「ビタミンサプリ」

アボカドは、果物の中でも有数の、ビタミンミネラルのバランス・量を誇ります

実際、トレーニングをハードにやる人は、体の回復、栄養の吸収に、かなりのビタミンミネラルを消費しています。

そのため、ビタミンミネラルをしっかり摂るようにしないと、体調悪化を招く可能性が高いです。

そんな時に、アボカドは最高!

ビタミンミネラルの質も量もかなり優れているんです。

 

例えば、アボカドは、栗類の果物とならんで、亜鉛を最も含む果物です。

この亜鉛は、トレーニングで傷ついた組織の回復に必須の成分ですね。

効果② 日常的に運動する人に最適の「抗酸化作用」

ハードなトレーニング習慣のある人は、その分1日の酸素の吸収量も多いですよね。

これは、ある程度までは、健康に良いです。

しかし、週に3、4回以上ハードなトレーニングをしている人は、「ある程度」を突破している可能性が高いですね。

酸素を吸収しすぎて、体が酸化しているんです。

その状態が続くと、慢性的な体調の悪化、肌荒れ、発ガンのリスクが高まります

(マラソン選手の肌は、比較的若い段階で老化する、とよく言われています。これは、酸素の過剰吸収によるものです。)

と、しかしここで、アボカドに含まれる「オメガ9脂肪酸」には、抗酸化作用があるのです。

体に有害な活性酸素を除去して、体の酸化を防いでくれるのです。

広告

効果③ 肝臓の機能を助ける

筋トレ好きは、タンパク質を非常にたくさん摂りますよね。

これは、筋肉の育成には必須です。

しかし、タンパク質の消化は、肝臓に大きな負担をかけます

それは、タンパク質を分解・消化する時に「アンモニア(有害)」が発生していて、肝臓がそれを解毒しているからです。

と、ここで、アボカドの成分である「グルタチオン」は、肝臓の解毒作用を助けます

そのため、肝臓をいたわる上でも、アボカドは効果的なのです。

効果④ ゴボウ1本分の食物繊維

アボカドには、ゴボウ1本分の食物繊維が含まれています

食物繊維には、ご存知の通り、整腸作用がありますよね。

筋トレ好きの食生活や食事量は、胃腸に負担をかけます。

しかし、食物繊維を摂ることで、それを和らげられるのです。

特に、タンパク質を摂りすぎるとお腹がゆるくなる人に、オススメですね

広告

効果⑤ 血液サラサラで、トレーニングの質UP

アボカドの約20%は、油分だと言われています。

しかし、心配しないでください。

これらは、良質な不飽和脂肪酸です。

(不飽和脂肪酸とは、人間の体の中で溶けきってしまう脂肪のことです。動物性の飽和脂肪酸は、体の中で溶けないため、血液をドロドロにします。)

この不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにしてくれます

そのため、日常的な体調の改善が見込めます。

まとめ

以上が、筋トレ好きがアボカドを食べるべき、5つの理由でした。

まあ、実際は、筋トレが好きでも嫌いでも、みんなが食べる価値のある果物です。

美味しくて、めちゃくちゃ健康にも良い!

ぜひ、スーパーで見かけたら食べてみてくださいね。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。^^

【non-Logical Column】「東南アジアのアボカド最強説」を語る。

これは、僕がフィリピンの露店で見つけたアボカドです。

アボカド大好きな僕は、買って、その場でむいて、塩をかけてかぶりついてみました。

それのウマいのなんの、、、。

めちゃくちゃジューシーです!

 

しかも、東南アジアは果物類がとても安いんです。

日本だと、1個で200円くらいするアボカドですが、写真の露店だと15円くらいでした。

これなら毎日食べたいと思いましたね。

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。