【クレアチンサプリメント】僕が感じた「3つの筋肥大効果」

クレアチンの筋肥大効果
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

今回は、クレアチンの効果のお話です。

 

 

クレアチンは一般的には、あまり知られていません。

 

しかし、

トレーニングの世界では、かなり多くの、中級者・上級者が愛用しているサプリメントです。

 

その主な理由は、

 

  • 筋力の向上が見込めるから
  • トレーニングの量を増やしてもバテにくいから

 

という効果があるからです。

 

詳しくみていきましょう!(^^)/

 

広告

クレアチンとは、アミノ酸のサプリメント

 

はじめに、

クレアチンとは、食べものにも含まれるアミノ酸です。

 

  • アルギニン
  • グリシン
  • メテオチン

 

これら、3つのアミノ酸をバランスよく、合わせたものなのです。

 

クレアチンを多く含む食品は、

サケ・マグロ・アジなどの魚です。

 

サケ・マグロ刺身

 

また、赤身肉や卵にも、クレアチンは含まれます。

 

しかし、

食べ物だけで、クレアチンを十分にとるには、赤身肉なら1kgほど食べる必要があります。

 

そのため、

クレアチンの効果をねらうなら、サプリメントで補うのが良いかも知れませんね!

 

 

筋肥大効果① 筋力が上がる

 

クレアチンの代表的な効果は、

 

筋肉が、強い力を出せるようになる

 

ということです。

 

僕も、クレアチンを飲むようになってから、筋力のアップを実感しています。

 

特に、高重量の筋トレで実感していて、

1、2回で限界のベンチプレスが、3〜4回上がるようになりました。

 

ベンチプレス

 

クレアチンは筋肉にエネルギーを与える

 

このように、

クレアチンで筋力がアップする理由は、

筋肉に、エネルギーが行き渡るようになるからです。

 

 

少し専門的なお話をすると、

筋トレ中の、筋肉のエネルギー源は、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質です。

 

ATPを大量に使いながら、僕たちは筋トレをしているのです。

 

その中で、クレアチンはATPをつくりだす働きがあります。

(正確には、ATPの材料になります。)

 

 

そのため、

クレアチンを飲むことで、

筋肉が使えるエネルギーが増え、筋力アップにつながると言われています。

 

 

筋トレの強度を上げることができる

 

このように、筋肉が強い力を出せるようになると、

 

  • 筋トレの重量を上げられる
  • レップ数を増やせる

 

と、筋肥大させる上で、メリットがありますね!

 

広告

筋肥大効果② 筋肉の回復力が高まる

 

また、

クレアチンを飲むようになると、

インターバルで、筋肉が早く回復するようになります。

 

 

例えば、

いつもは2分のインターバルが必要だった筋トレを、1分半でこなせるようになったりします。

 

僕が、腕の筋トレで感じた効果

 

僕は、特に、

腕のトレーニングで、これを実感しました。

 

僕の場合、

腕は、ネチネチと限界まで追い込むことが多いです。

 

上腕二頭筋の筋トレ

 

なので、1セット終わると、長めのインターバルが必要でした。

 

しかし、

クレアチンを飲むようになってから、

「あれ!もう次いけそうやな。」

と感じることが多くなったのです。

 

インターバルが、筋肉の成長に大事なワケ

 

インターバルは、筋肥大にダイレクトに関わってきます。

 

『長く休むと筋肥大しにくい』の記事でふれていますが、

インターバルを短くできた方が、筋肉が成長しやすいのです。

 

 

東京大学の石井直方教授によると、

インターバルを短くできると、筋肉に疲労物質がたまりやすくなる。

その結果、

成長ホルモンの量が増えて、筋肥大につながる、とのことです。

 

石井直方 トレーニングをする前に読む本

 

 

このことからも、

クレアチンの回復効果は、トレーニングに有効だと言えますね(^^)/

 

筋肥大効果③ パンプアップが強くなる

 

最後に、僕が感じたクレアチンの効果が、

パンプアップが強くおこる、ということです。

 

筋トレ後に、筋肉が、より強くハるようになりました。

 

パンプアップ

 

これに関しては、僕の実感であり、

根拠は今のところ見つけられていません。

(すいません、、分かりしだい追記します、、^^;)

 

 

しかし、

クレアチンは、筋肉に水分をため込むという性質を、もともと持っています。

 

そして、パンプアップ自体も、

血液中の水分が、筋肉に流れこむ、という現象です。

 

そのため、

クレアチンが水分を引き込み、パンプアップが強化されているのだ、と考えています。

 

★合わせて読みたい関連記事★

【おすすめのクレアチン】僕が使っているコスパ最強製品

2017.11.06

 

パンプアップの「モチベーション効果」

 

これは気持ちの問題ですが、

パンプアップした体を見ているのって嬉しいものですよね!

 

自信もつきますし、

「これからも筋トレがんばろう!」と思えます。

 

 

また、モチーベーションだけでなく、

パンプアップ自体が、筋肥大に効果的だ、とする学説もあります。

 

強いパンプアップで筋肉が膨張して、そのサイズになりやすくなる

とのことです。

 

広告

クレアチンは、続けることで効果のあるサプリメント

 

ちなみに、クレアチンは、

飲み続けることで効果が出てくるサプリメントです。

 

筋肉の中に、クレアチンがたまることで、

今回紹介したような効果があらわれます。

 

筋肉にクレアチンをためることを「ローディング」と言います。

約1週間ほどで、クレアチンをローディングすることができます。

 

クレアチンの効果的なローディング方法に関しては、こちらをごらんください。

 

【クレアチンの飲み方と摂取量】確実に体にローディングするには

2017.07.01

 

クレアチンの効果を感じない人もいる!?

 

今回紹介したように、

僕はクレアチンの効果を実感することができました。

 

  1. 筋力アップ
  2. 回復力アップ
  3. パンプアップが強化される

 

 

しかし、中には、変化を感じられない人もいます。

 

僕の周りにもチラホラいました。

体感的には、5人に1人くらいです。

 

 

この原因に関して、僕は、

いつもタンパク質を多くとる人は、あまり効果を感じないのではないか、

と推測しています。

 

僕の友達で、効果を感じれていない人も、かなりの量の食事をとります。

(タンパク質を1日に250gくらい)

 

食事を大量にとる人は、

クレアチンを、食べ物から充分にとっている可能性があります。

 

なので、サプリメントでとっても、

それほど効果を実感できないのです。

 

その証拠に、

減量期に効果的にクレアチンを使うことで、ほとんどの人が効果を実感できます。

 

広告

まとめ

 

以上が、

クレアチンサプリメントの筋肥大効果でした。

 

僕の中でサプリメントの優先順位は、

 

  1. プロテイン
  2. BCAA
  3. マルチビタミンミネラル
  4. 粉アメ
  5. クレアチン

 

という順位です。

 

上4つのような、

基本的なサプリメントをすでに使っている方や、

そうでなくても筋力を高めたい方などは、

試してみてはいかがでしょうか?

 

★合わせて読みたい関連記事★

『クレアチンに副作用はあるのか?』いっぱい飲んで実験してみた

2017.11.05

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。