『断食ダイエットはリバウンドする!』絶対やめるべき3つの理由

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

最近何かと「断食ダイエット」が話題になりますよね。

週末断食ダイエットとか、プチ断食とか、、。

でも、

断食ダイエットは絶対にやめるべきです!!!

食事を抜くことのデメリットは計り知れません。リバウンドします。

詳しくみていきましょう。

広告

断食ダイエットをすると筋肉が減る

冒頭のタイトルにもしましたが、一時的には痩せれますが、

断食ダイエットは絶対にリバウンドします

なぜなら、食事を取らないことによって筋肉が落ちてしまうからです

それにより代謝が下がってしまい、

太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

その状態で断食前と同じ食事をしたら、代謝が下がってしまった分、太ってしまうのです。

断食ダイエットで減るのは筋肉だけ

ちなみに、「断食ダイエットで一時的に痩せる」と言いましたが、実は、減っているのはほぼ筋肉だけです

極端な食事制限をした場合、体脂肪は減らずに筋肉だけが減ってしまいます。

それはなぜなのでしょうか?

まずはじめに、筋肉は体のエネルギーを燃やします

筋肉量が多い人が食事を多くとっても太りにくいのはそのためです。

これはダイエットで考えるととても嬉しいですが、人間が生存する上では危険なことでもあるのです。

食糧難になったら筋肉が多い人は餓死してしまいますからね、、。

そこで、極端な食事制限をした場合、体はまず最初にエネルギーを使う筋肉から燃やしてしまいます

そのため、体脂肪が燃焼されなくなるのです。

断食をした時に筋肉が落ちるスピードはめちゃくちゃ早いです

人間はそのようにして、餓死しないように進化してきましたからね、、。

断食すると体温と体の機能が下がる

断食ダイエットをやめるべき2つめの理由がこちらです。

体はエネルギーが極端に足りなくなると、体温や体の機能を下げようとします

これによってエネルギーを節約することができるからですね。

体の冷えを感じたり、頭がボーとしたり、倦怠感も感じ始めます。

そのため、断食ダイエットをしても苦痛の割に体脂肪が減っていない、ということになるのです。

体の機能を下げない程度まで食事量を減らして、それを続けていくダイエットの方が100倍効果的で、健康的です

筋肉も減りにくいですしね。

広告

断食後の食事の吸収力がめちゃくちゃ高まる

断食ダイエットをやめるべき理由、3つ目がこちら。

体はエネルギーが足りていない時に食べた食事のエネルギーを、必要以上に体に吸収します

これも餓死を避けるためです。

そのため、断食が終わってハメを外して食べると、その食事は一気に体に吸収されます。

さらに断食で筋肉が落ちて代謝がダウンしているので、一気に体脂肪に変わります。

その結果、筋肉が減って体脂肪が増えた状態になるのです。

まあ、脂肪は筋肉より軽いので、一時的に「体重は」落ちます。

でも細い体に体脂肪がまとわりついている状態は、キレイな体とは言えませんし、何より不健康ですよね。

まとめ「断食ダイエットは極端すぎる」

以上が、断食ダイエットをやめるべき3つの理由でした。

  1. 筋肉が減って、代謝が落ちる
  2. 体温と体の機能が落ちる
  3. 断食後の食事の吸収が高まる

ということです。

その結果リバウンド間違いなしですよ!

時間はかかりますが、食事制限は緩やかに行いましょう!

夕食のご飯を半分にする、など。

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。