『運動中のプロテインはやめた方がいい!』3つの理由

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

今回は、

運動中(筋トレ中)にプロテインを飲むことについて。

 

運動中のプロテインは、

  • エネルギー補給になる
  • 筋肉に栄養を与えて、筋持久力が高まる

 

と聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

しかし、

運動中のプロテインはNGです!!!

 

運動中にプロテインを飲むと、

トレーニング効果が下がり、胃腸にも負担をかけてしまいます。

 

詳しくみていきましょう!

後半では、筋トレ中の正しいエネルギー補給方法を紹介します。

 

広告

運動中のプロテインは筋トレの質を下げる

プロテインを飲まなければ、もっと筋肉を追い込むことができたのに、

運動中のプロテインで、筋トレのクオリティが下がる、ということが起こります。

筋肉に十分な血液が届かない

それはなぜか?というと、

体の血液がプロテインの消化に回ってしまうからです。

 

胃腸がプロテインを消化する時に、血液を大量に使ってしまうのです。

それによって、筋肉に十分な血液が回ってきません。

 

こうなると普段よりもウェイトを上げられる回数が減ったり、インターバルを長くとらなければいけなくなります。

これが筋トレのクオリティがダウンする原因なのです。

集中力がダウンする

また、胃腸の消化中には、脳に回る血液の量も減ってしまいます。

(そのため、食後はぼんやりします。)

運動中にプロテインを飲んでも、これと同じことが起こります。

 

その結果、鍛える筋肉への意識が弱くなり、筋トレ効果が下がってしまいます。

 

筋トレでは、筋肉に意識を集中してコントロールするという、脳の働きもとても大切です。

そういう意味では、

筋トレは体の活動であり、頭の活動でもあると言えます。

運動中のプロテインは胃腸にも負担をかける

運動中にプロテインを飲むと、筋肉に血が足りなくなる、というお話をしました。

 

それと同じく、

筋肉に少なからず血液を取られるため、胃腸にも血液が行き届きません。

 

筋肉にも血液が必要で、胃腸にも血液が必要ですよね。

この状態で、お互いが血液不足になるのです。

 

そして、胃腸の血液が足りないと、運動中に飲んだプロテインが消化不良を起こします。

これは、翌日の胸やけや、食欲のなさにつながります。

さらにこのように常に胃腸に負担をかけると、慢性的な疲労や、倦怠感(だるさ)につながってしまいます。

 

体のコンディションを保つためにも、運動中のプロテインはNGです!

広告

運動中のプロテインで成長ホルモンが減る

成長ホルモンとは、筋肉の合成を促すホルモンです。

筋肉の増加・肥大には欠かせないホルモンですね。

 

しかし、最近の研究で、

このような時に、成長ホルモンの分泌量が減ること分かっています。

  • 血糖値が高いとき
  • 食べ物の消化中のとき

 

つまり、運動中に飲んだプロテインを消化している時には、

成長ホルモンが出にくくなっている可能性があります。

 

このことを踏まえて、僕は、運動中のプロテインはもとより、運動前1時間30分の食事を控えています。

 

有名なボディビルの選手でも、

「食事を摂って2時間はジムに行かない。」

などの話が見られるので、これは守るべきだと考えています。

 

ということで、ホルモンの関係でも運動中のプロテインはNGです。

運動中の適切なエネルギー補給

では、運動中はどのようにエネルギーをとればいいのでしょうか?

 

運動中のドリンクの条件はこちら。

  • とにかく消化が早い
  • 筋肉の分解を防ぐ

 

消化が早い糖質のドリンクであれば胃腸に負担をかけず、すぐに筋肉のエネルギーになってくれます。

 

例えば、僕がよく運動中に飲むのは、

  1. Vitago(ヴィターゴ)
  2. 粉アメのドリンク
  3. フルーツジュース

です。

 

また、筋肉の分解を防ぐと同時に、筋肉の働きを活発にするため、

BCAAを飲むのもおすすめです。

 

BCAAを飲むことで、トレーニングの粘りが効くようになり、

より強く筋肉を追い込むことができるようになります。

 

BCAAは筋トレの効果を上げるためにはとても有効ですね。

 

僕は、運動中に粉アメとBCAAをミックスしたドリンクを飲んでいます。

 

筋トレ中に何を飲めばいいのか、気になる方はこちらをどうぞ!

筋トレの質を上げる『カラフルな飲み物』の正体とは

広告

まとめ

以上が、

運動中のプロテインがダメな理由と、

運動中のエネルギー補給方法でした。

 

運動中のプロテインのデメリットがこちら。

  • 運動(筋トレ)の質を下げる
  • 胃腸に負担をかける
  • 成長ホルモンが出にくくなる

 

運動中には、吸収の早い糖質やBCAAを飲みましょう!

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。