【太りやすい体質の特徴】遺伝に負けない改善方法も!

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

「私、体質的に太りやすいのよね〜。」

みたいな会話を聞くことは多いですよね。

 

しかし、

 

「太りやすい体質って、実際なんなん?」

と聞かれると、困ってしまいます。

 

そこで、

今回の記事では、

太りやすい体質の正体を、生理学から、分かりやすく解説します。

 

そして、体質を改善して、

太りにくくする秘訣も紹介しますね(^^)/

 

広告

太りやすい体質の原因は、遺伝なの?

 

人間の体の、

様々な体質は遺伝で決まってしまう、

と言われています。

 

風邪をひきやすい体質、アレルギーなど。

 

遺伝子モデル

 

では、太りやすい体質も同じように遺伝によるものなのでしょうか?

 

答えは、

遺伝によるものもあるし、遺伝じゃないのもある、

です。

 

それぞれ紹介しますね!

 

太りやすい体質の特徴① 胃腸が強い

 

太りやすい体質に、

胃腸が強い

ということがあります。

 

これは遺伝によるものです。

 

胃腸が強い人が、太りやすい理由は、

食べた物の栄養をフルで吸収してしまうからです。

 

太りやすい人は、カロリーを吸収しやすいのが原因

 

基本的に、

僕たちが食べた物のカロリーは、100%吸収されるわけではありません。

 

一部は吸収されますが、残りは、排出されるのです。

 

ここで、

胃腸が強い人ほど、

食べた物のカロリーを、より多く体に取り込みます。

 

そのため、食べる量が同じでも、

他の人より太ってしまうのです。

 

胃腸が強い体質の見分け方

 

胃腸が強くて太りやすい体質の見分け方がこちらです。

 

  • いっぱい食べてもお腹を壊しにくい
  • 単純に、食べる量が少ないのに太る

 

実は、僕もこの体質なのですが、

胃腸が強い人は、いっぱい食べてもお腹を壊しにくいです。

 

 

胃腸のキャパが大きいので、

食べ物を処理しきれない→お腹こわす、

となりにくいからです。

 

 

また、単純に、

食べる量が多くないのに太やすいです。

 

改善方法「ドカ食いをしないこと」

 

胃腸が強いタイプの人は、

特に!

ドカ食いをしないことが大切です。

 

太った人のドカ食い

 

普通の人なら、

ドカ食いをしても、ちょっと太るくらいで済みます。

 

これは、大量の食べ物を処理できない(吸収しきれない)からです。

 

 

しかし、

胃腸が強い体質の人は、そうではありません。

食べた分を、余すことなく吸収してしまう危険性が高いです。

 

なので、ドカ食いによる激太りのリスクが高いのです。

 

(僕もドカ食いで、1日に3kg近く太ったことがあります。)

 

ドカ食い・大食いは控えてくださいね(^^)/

 

広告

太りやすい人の特徴② 筋肉が少ない

 

これは遺伝ではありません。

 

しかし、

筋肉が少ない人は、めちゃくちゃ太りやすいです。

 

筋肉は何もしなくてもカロリーを消費してくれるから

 

筋肉がないと太りやすい理由が、

筋肉は、カロリーを大量に消費してくれているから。

 

東京大学の石井教授によると、

筋肉1kgは、1日に50〜100kcalを消費するそうです。

 

なにも運動をしなくても、です。

 

 

なので、普通よりも筋肉が4〜5kg少ない人は、

1日の消費カロリーが、

200〜500kcal少ないことになります。

 

そりゃ太ってしまいますよね、、。

 

筋肉が少ないかどうか、の見分け方

 

自分が筋肉が少ないかどうか、については、

なんとなく自覚があるのではないでしょうか?

 

あえて目安を示すと、

 

  • 腕立て伏せを、男性なら20回、女性なら10回できない
  • スクワットが、20回できない

 

このような人は、筋肉が少ないと思われます。

 

(年齢などにもよるので、あくまでも目安です。)

 

改善方法「下半身の筋トレをする」

 

筋肉が少なくて太りやすい人は、

下半身の筋トレをするのがおすすめです。

 

 

なぜなら、

下半身には、体全体の、70%の筋肉が集まっているからです。

 

なので、

てっとり早く筋肉量を増やせる、というわけです。

 

最初は、家で行うスクワットでOKです。

 

徐々に回数を増やしましょう(^^)/

 

もう少し効果を上げたい人は、こちらの記事を見てみてくださいね。

 

>>>女性のためのヒップアップ筋トレ

>>>足腰を鍛えるバーベルスクワットのやり方

 

太りやすい人の特徴③ 冷え性など、基礎代謝が低い

 

これは、筋肉以外の、基礎代謝です。

 

筋肉が少なくても、代謝が高い人はいます。

 

その一方で、冷え性の人など、基礎代謝が低い人もいます。

 

冷え性で着込む女性

そして、このタイプは太りやすいです。

体温が低いので、脂肪を燃やせない

 

この体質の人で多いのが、

体温が低く、基礎代謝も低くなっているパターンです。

 

実は、体温を保つのには、多くのカロリーが使われています。

 

体温を1度上げるだけで、

1日に120〜150kcal ほど、多く消費すると言われているほどです。

 

そのため、

体温が低い(冷え性など)人は、基礎代謝が低く、

太りやすい体質になってしまうのです。

 

基礎代謝が低い体質の見分け方

 

基礎代謝が低い人は、体温が低いです。

 

しかし、その他にも特徴があります。

 

  • 寝起きが悪い
  • 風邪をひきやすい

 

まず、人間は、

体温が上がることで、睡眠が浅くなり、スッキリ起きることができます。

 

しかし、低体温の人は、朝に体温が上がりづらく、

寝起きが悪い人が多いです。

 

また、体温と免疫力は、深く関わっています。

体温の低い人は、免疫力が低く、風邪をひきやすいのです。

 

(免疫力の低さには、他にも原因はあるので参考程度に。)

 

改善方法「温かい飲み物・食べ物を!」

 

体温を上げる、手っ取り早い方法が、

温かいものを飲む・食べることです。

 

温かい

 

逆に、

冷たいジュースを飲んだりすると、体温は下がってしまいます。

 

昔、白湯(お湯)を飲むダイエットが流行ったことがありましたよね。

あれは、低体温の方には、かなり効果的です。

 

広告

まとめ

 

今回の記事では、

太りやすい体質の人の特徴を、紹介しました。

 

  1. 胃腸が強い
  2. 筋肉が少ない
  3. 体温が低い(基礎代謝が低い)

 

これらには、遺伝的な原因も、少なからずあります。

 

しかし、

これらの体質を改善することはできます。

太りにくい生活をするのは可能なのです!

 

  • ドカ食いをしない
  • 下半身を鍛える
  • 温かいものを飲む、食べる

 

ということに気をつけてください!

 

僕も、体質的に太りやすいタイプです。

 

同じような方が、痩せて理想の体を手に入れることを願っています(^^)/

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

★合わせて読みたい関連記事★

筋肉がつきやすい体質は『足が速い・太りやすい・薬指が長い』の真相…

2017.06.27

 

 

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。