『クレアチンに副作用はあるのか?』いっぱい飲んで実験してみた

クレアチンに副作用はあるのか?
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

『クレアチンの3つの筋肥大効果』でお話していますが、

 

クレアチンは、

筋力アップしたり、回復力が上がったりと、とても有効なサプリメントです。

 

その反面、

副作用があるから控えたほうがいい」と言われることが多いのも事実です。

 

例えば、よく挙げられる副作用は、

 

  • お腹をこわす
  • 肝臓、腎臓に悪い
  • 体重が増える
  • 足がつる
  • むくむ

 

といったものです。

 

今回は、これらに関して、

 

「実際のところどうなのか?」

 

ということをお話しします(^^)/

 

実際に、飲む量を増やして、実験してみました。

セルフ人体実験ですね。笑

 

広告

クレアチンで腹痛になるのか?

 

クレアチンの腹痛に関しては、

ローディング期間に、腹痛を起こす人がちらほらいるそうです。

 

ローディング期間は、

クレアチンの量が多くなってしまいますからね。

 

また、

クレアチンを1度に5g以上とると、お腹をこわす場合がある、

とよく言われています。

 

今回、僕はクレアチンを1度に15g飲んでみました。

 

大量のクレアチン

 

しかし、腹痛にはなりませんでした。

 

実際、僕はクレアチンを1年以上使っていますが、腹痛になったことは1度もありません。

 

これに関しては、個人差が大きいようです。

 

クレアチンでお腹をこわす人もいる

 

しかし、僕の周りにもいますが、

クレアチンで腹痛になる人は、一定数いるようです。

 

BODYBUILDING.comの記事によると、

5〜7%の人は、腹痛になることがあるそうです。

 

空腹時に飲むのはやめよう

 

クレアチンで腹痛になる、なったことがある方は、

 

空腹時に、クレアチンを飲むののはやめましょう。

 

食後は、

クレアチンを飲むのに効果的なタイミングの1つです。

 

このことからも、

食後に飲むのが、理想的かつ無難ですね。

 

クレアチンは肝臓・腎臓に悪いのか?

 

これに関しては、

時間がかかりすぎるので、実証はできていません。

(すいません、、^^;)

 

しかし、

クレアチンが肝臓・腎臓に害を及ぼす、という研究結果は、現在のところ(2017/11) 存在していません。

 

肝臓

 

クレアチンは、

スポーツ医学の、注目度が高いサプリメントです。

 

しかし、その中でも、肝臓・腎臓への害が発見されていないのです。

 

このことから、

肝臓・腎臓への影響は心配しなくても大丈夫、と言えるのではないでしょうか?

 

水分は多めにと摂るべき

 

とはいえ、

水分をいつもより多くとることを、おすすめします。

 

なぜなら、

クレアチンは、水分を筋肉にため込む働きがあるからです。

 

これにより、いつも以上に水分をとらないと、体が水分不足になってしまいます。

 

水分不足は腎臓に負担がかかるので、そこだけは注意してくださいね(^^)/

 

広告

クレアチンを飲むと体重が増えるのか?

 

これは、事実だと言われています。

 

なぜなら、先ほどもお話しした通り、

クレアチンは、筋肉に水分をため込むからです。

 

体内の水が増えてしまうというわけです。

 

僕は0.5kgくらい体重が増えました。

 

僕は、クレアチンを初めて飲んだ時に、

体重が0.5kgほど増えました。

 

なので、

「体重が増える」は実証済みです。

 

 

ちなみに、

筋肉量が多い人ほど、体内にたまる水も増えます。

 

なので、かなりの筋肉量がある人なら、もっと体重が増える可能性はあります。

 

クレアチンを飲むと足がつるのか?

 

これは、ハードな有酸素運動をする場合に限り、本当です。

 

僕は2016年の3月にフルマラソンに出場しました。

 

マラソンのゼッケンとシューズその時のゼッケンです。

 

そのために、2015年の末くらいからランニング練習を始めたのですが、

 

練習を始めてすぐの時は、

足が、つってつって仕方ありませんでした。

(当時はクレアチンを使っています。)

 

そして、

その時に、クレアチンがつる原因になることを知り、クレアチンを一時休止しました。

 

そうしたら、ランニング中の痙攣などがピタッとおさまったのです。

 

原因不明の、つる症状に不安しかありませんでしたが、嘘のようにつらなくなりました。笑

 

クレアチンで足がつる理由

 

まず、

『筋トレ中に筋肉がつる5つの原因&解決方法』でも書いたのですが、

水分不足は、つる原因になります。

 

そして、

クレアチンは水分を筋肉に溜めるため、水分不足の原因になります。

さらに、

有酸素運動でも、汗をかくので、体内の水分が減ります。

 

水分不足の原因になる

 

このことが合わさって、

水分不足で、つりやすくなる、

という風に僕は考えています。

 

一応、

クレアチンでつる原因に関しては、参考資料が見つからず、僕の推測でしかありません。

 

しかし、「持久系運動」+「クレアチン」でつりやすくなるのは間違いありません。

 

広告

クレアチンを飲むと体がむくむのか?

 

一部では、クレアチンでむくむ、と言われています。

しかし、僕はクレアチンでむくんだことは一度もありません。

 

そもそも、「むくむ」とは、

皮膚の中に水分が溜まっている状態です。

 

しかし、クレアチンは、

皮膚ではなく、筋肉内に水分を溜め込みます。

 

そのため、

むくむことと、クレアチンは無関係であると考えられます。

 

★合わせて読みたい関連記事★

【おすすめのクレアチン】僕が使っているコスパ最強製品

2017.11.06

 

まとめ

 

以上が、クレアチンの副作用に関するお話でした。

 

まとめると、

 

クレアチンを飲むことで、

  1. 腹痛になる人もいる(空腹時は避けて!)
  2. 肝臓・腎臓に悪いとは言えない
  3. 水分で、体重は増える
  4. 有酸素運動中につりやすい
  5. 「むくむ」こととは関係がない

 

ということでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。