『減量期はクレアチン飲むべき!』体脂肪だけを落とせる

減量中のクレアチンが有効なワケ
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

タイトルにもありますが、

 

筋肉を残して、脂肪だけを落としたいなら、

減量中にクレアチンを飲むべき!

です。

 

今回は、その理由をお話しします(^^)/

 

広告

減量では、脂肪も筋肉も落ちる

 

減量をして、体脂肪だけをカットしたい人は大勢いると思います。

 

フィットネスやフィジークの大会に出る方、しぼれたマッチョを目指すなら、脂肪だけ落とすことが必要です。

 

「筋肉だけ残った体」=「カッコいい体」

と言っても、問題ないんじゃないかと思います。

 

しぼれたカッコいい体

 

しかし!

 

基本的に、

減量(ダイエット)をすると、筋肉も落ちてしまいます。

 

体脂肪だけを落とすのは、想像以上に大変なことなのです。

 

減量で筋肉を落とさないためには

 

減量中に、できる限り筋肉をキープするには、

 

  1. タンパク質を十分とる
  2. 筋トレの質を保つ

 

この2つが必要です。

 

①に関しては、

当たり前と言えば、当たり前ですよね。

 

タンパク質がないと、筋肉はみるみる落ちてしまいます。

 

筋トレの質を保つことが大切

 

そして、②についてです。

 

筋肉を残して、体脂肪だけカットするには、

筋トレの質を維持することが大切です。

 

減量前に行なっていた筋トレと、

同じクオリティの筋トレをやり続けなければいけないのです。

 

具体的には、

 

  • ウェイトの重さ
  • セット数、レップ数

 

が下がってしまうと、筋肉も落ちます。

 

広告

減量期にクレアチンが有効なワケ

 

とはいえ、

減量期には、食事の量が少なくなっています。

 

なので、筋トレの質を保つのは、かなり大変です。

 

重たいウェイト

 

僕もフィジーク大会に出るために減量を行いましたが、

体力は切れるし、パワーは出ないし、とにかく大変でした^^;

 

 

と、ここでクレアチンの出番です!

 

筋肉のエネルギーを補給

 

『クレアチンの3つの筋肥大効果』で紹介しましたが、

 

クレアチンは、筋肉のエネルギーをつくりだす働きがあります。

 

そのため、

減量期でも、筋肉をハードに動かすことが可能になるのです。

 

食事の量が足りない時こそ、クレアチンが活きる

 

減量期でなければ、

食事を多くとることができます。

 

この時に、僕たちは、

食べ物に含まれるクレアチンをとっています。

 

そのため、減量中でなければ、

そこそこクレアチンの恩恵を得ているはずです。

 

赤身の肉クレアチンは、赤身肉や魚に多く含まれる。

 

しかし、減量をはじめた途端、

食べ物からとれるクレアチンは一気に減りますよね。

 

なので、
減量中には、クレアチンが不足します。

それによって、

筋肉に、エネルギーがチャージされにくくなるのです。

 

その上、

減量自体の「エネルギー不足」が、ダブルパンチで襲いかかってきます。

 

それは、パワーも落ちて、筋トレの質も下がってしまいますよね、、。

 

以上のことからも、

クレアチンは、減量中に真価が発揮される、と言えます。

 

増量中は、ある程度のクレアチンを食べ物からとれていますが、

減量中は、食べ物の量自体が減ってしまいますからね。

 

★合わせて読みたい関連記事★

【おすすめのクレアチン】僕が使っているコスパ最強製品

2017.11.06

 

まとめ「キレイにしぼるにはクレアチン!」

 

以上が、

 

クレアチンが、減量に有効な理由でした。

 

クレアチンを飲むことで、

減量中でも、筋トレの質を維持しやすくなります。

 

それによって、

筋肉を残したまま、脂肪だけしぼれる、というわけですね。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

「コラム」僕がフィジーク大会の減量で、クレアチンを使った話

 

僕は、2017年10月にフィジークの大会に参加しました。

 

そして、

僕の場合は、参加を決めたのが遅く、

相当ハードな減量をすることになりました。

 

2ヶ月で、マイナス14kgです。

 

そのため、1日に食事は1200kcalくらいに抑えて、ハードな筋トレをしていました。

 

かなりキツかったですが、

乗り切れたのは、クレアチンと、BCAAの効果が大きかったと思っています。

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。