【EZバーカール】上腕二頭筋のトレーニングで手首が痛い人へ

EZバーカール
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

 

こんにちは、いちです。

 

今回は、

EZバーカールのお話です。

 

上腕二頭筋のトレーニングですね。

 

僕が、EZバーをおすすめするのは、このような人です。

 

  • まっすぐなバーベルだと手首が痛い人
  • 上腕二頭筋の「厚み」がほしい人

 

 

では、EZバーの持ち方、コツを見ていきましょう(^^)/

 

広告

EZバーカールの持ち方

 

まず、EZバーとは、Wの形に曲がったバーベルです。

 

 

そのため、普通のバーベルと異なり、

手首にとって自然な角度で握ることができます。

 

EZバーカール出典:http://build-muscle-101.com/barbell-curls/

 

手首がちょうど「”逆”ハの字」になっているのが分かると思います。

 

持ち方の2つのバリエーション

 

EZバーカールには、

2パターンの持ち方があり、それぞれ効果が少し変わってきます。

 

まず、一つ目が、

下の写真の赤い部分を持つパターンです。

 

EZバーカールの持つ部分(パターン1)手書きですいません^^;

 

このように、Wに曲がっている部分の外側を持つと、

 

腕の太さよりも、厚さを出すために効果的なトレーニングになります。

 

体を前から見たときの「力こぶ」の厚みが増すのです。

 

力こぶ

 

それに対して、2つ目の持ち方は、

横から見たときの「腕の太さ」をつくる効果が強いです。

 

持ち方は、こちら。

 

EZバーカールの持ち方(パターン2)

Wに曲がったEZバーをひっくり返して、その内側を握ります。

 

下の写真のように、EZバーをせまく持ったパターンですね。

 

EZバーをせまく持ったパターン出典:https://www.bodybuilding.com/fun/built-by-science-arms.html

 

2つ目の持ち方では、

横から見た「太さ」を出す効果があります。

 

なので、Tシャツの袖をパツパツにしたい人などは、こちらをオススメします(^^)/

 

横から見て太い腕

 

広告

EZバーカールのコツ

 

では、持ち方が分かったところで、コツを紹介します。

 

ここでは、EZバーカール特有のポイントを紹介します。

 

小指側で強く握ることを意識する

 

上腕二頭筋の筋トレでは、

手のひらの「小指側」で強く握ることがとても大切です。

 

しかし、EZバーの場合、

曲がっているポイントの来る、「親指側」に意識が向いてしまいがちです。

 

意識が向きやすい「親指側」の図解

なので、

EZバーカールで上腕二頭筋に効かせるためには、

 

特に小指側で握ることを意識しましょう!

 

バーベルを上げすぎない

 

僕の経験上、

まっすぐのバーベルよりも、

EZバーを使った方が、高い位置まで持ち上げやすいです。

 

しかし、バーベルカールでは、バーベルを上げすぎると上腕二頭筋の負荷が抜けてしまいます。

 

なので、バーベルは肩くらいまで上げたらストップするのが良いですね。

 

 

バーベルを使ったアームカール全般の、重量設定や、うまく効かせる方法は、『バーベルアームカールの7つのポイント』にまとめてあります。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

逆手で持つのもアリ「EZバーリバースカール」

 

EZバーカールのバリエーションの一つに、

EZバーリバースカールというトレーニングがあります。

 

EZバーリバースカール出典:http://www.menshealth.co.uk/exercise/reverse-grip-ez-bar-curl

 

これは、逆手で、手の甲を天井に向けて行うバージョンです。

 

普通のバージョンに慣れて、新しい刺激を入れたい時に、おすすめです。

 

また、逆手で持つことで、

 

  • 前腕
  • 上腕筋

 

これらの筋肉にも負荷をかけることができます。

 

★合わせて読みたい関連記事★

【インクラインダンベルカール】解剖学的に、上腕二頭筋に効かせる方法

2017.11.09

 

広告

まとめ

 

以上が、

EZバーカールの持ち方、ポイントでした。

 

EZバーカルは、手幅や、手の向きを変えることで様々なバリエーションの筋トレができます。

 

手首も痛くなりにくいので、安心して腕を太くすることができますね。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。