『リストラップの効果』僕が筋トレで使う理由

リストラップの効果とは!?
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

今日はジムで見かけることも多い、リストラップについて。

 

  1. 僕が実感しているリストラップの効果
  2. おすすめのリストラップ
  3. リストラップのデメリット

 

を紹介していきます!^^

 

広告

リストラップの効果

 

僕がリストラップを使っている理由でもあり、最大の効果は、

手首のケガを防ぐことです。

 

手首に疲労がたまるのを防げる

 

リストラップは手首に強く巻きつけることで、手首を固定するのに使います。

 

リストラップを巻いた手首

 

これによって、手首に負荷がかかっても痛くなりません。

 

僕がリストラップの効果を強く感じるトレーニングは、

 

  • 胸(ベンチプレスなど)
  • 上腕三頭筋

 

のトレーニングです。

 

ベンチプレス(↓)

右下にリストラップが写り込んでいます。

 

胸・肩・上腕三頭筋のトレーニングでは、重たいウェイトを「押す」動作が多くなります。

 

手首に疲労をためないために、僕は「押す」トレーニングではリストラップを着用しています。

 

ねらった筋肉に効かせやすくなる

 

また、僕はリストラップを使うことで、

効かせたい筋肉にしっかり効かせられるようになるとも感じています。

 

この理由は、手首を安定させる必要が減り、ねらった筋肉に神経を集中できるからです。

 

 

例えば、腕を鍛えるアームカールを行う時です。

 

手首が安定していることで、負荷が、前腕に逃げにくくなります。

それにより、上腕二頭筋につよい刺激を入れることができるようになりますよ!

 

リストラップにはデメリットもある!?

 

リストラップのデメリットとして、よく言われることがあります。

それが、手首を安定させる前腕が弱くなる、ということです。

 

手首と前腕

 

確かに、重たいウェイトをリストラップ無しで扱うには、前腕の力が必要になります。

 

しかし、僕はこう思います。

 

リストラップありで質の高いトレーニングをした後、前腕は別で鍛えるべき!!!

 

リストラップありの方が、胸・肩・腕のトレーニングは質が上がります。

(上級者で、リストラップを使わない人を見たことがありません。)

 

その後で、前腕を単体で鍛えるのが1番効率がいいのです。

当たり前ではありますが、前腕も、前腕ためのトレーニングをする方が強くなりますからね。

 

詳しくはこちら。

【前腕を太くする筋トレ4選】色々な方向から攻める鍛え方

2017.08.03

 

広告

リストラップの使い方

 

リストラップの巻き方を紹介します。

リストラップの使いは簡単です。

 

まず、輪っかを親指にかけて、

 

リストラップの輪っかを親指にかける

 

ぐるぐる巻いて手首を固定する。

 

リストラップを巻いた手首

 

これだけです。

 

巻く強さは、トレーニング種目によって変えます。

 

僕は高重量トレーニングでは、かなり強くリストラップを巻きます。

逆に、手首への負担が小さいトレーニングの時には、ゆるめに巻きます。

 

おすすめリストラップの選び方

 

リストラップの選び方は、

パワーリフティングの大会に出る予定があるか・ないかによって多少変わってきます。

 

IPF公認メーカーなら安定感バツグン!

 

IPF(国際パワーリフティング協会)の公認メーカーのリストラップであれば、高重量トレーニングでも安定性が良いです。

 

以下の人は、IPF公認リストラップが良いでしょう。

 

  1. パワーリフティングの大会に出たい(将来出るかもしれない)人
  2. 高重量でガンガントレーニングしたい人

 

 

そして、IPF公認メーカーはこちら。

 

  • TITAN(タイタン)
  • SBD

 

僕は、将来ベンチプレスの大会に出たいなーと思っているので、最近TITANのリストラップ(↓)を買いました。


高重量でも手首が痛くならないので、気に入っています。

(3つのIPF公認メーカーからTITANを選んだのは、デザインが気に入ったからです。)

 

SBDの商品サイトはこちらから。

SBDリストラップSBDリストラップ

 

鬼のリストラップは武器屋.netから購入できます。

 

鬼リストラップ鬼リストラップ

 

軽めのトレーニングなら何でも大丈夫

 

パワーリフティングをしない人や高重量を扱う予定のない人は、どのメーカーのリストラップでも大丈夫です。

 

とはいえ、リストラップがトレーニング中に弾けたりしたらケガに繋がります。

なので、メジャーで信頼のおけるメーカーがおすすめです。

 

  • シーク(schiek)リストラップ
  • GOLD’S GYMリストラップ

 

などが有名で人気があります。
上の写真が、シーク(schiek)リストラップ

上の写真が、GOLD’S GYMリストラップ

 

僕は、シーク(schiek)リストラップを使ったことがありますが、柔らかいのに安定していて使いやすかったです。

 

広告

初心者でもリストラップを使うのはアリ!

 

初心者の方でも、トレーニング中に手首が痛かったりしたらリストラップを使いましょう。

「軽いウェイトなのに、リストラップ使うのは変かな〜」とか気にする必要はありません!!

(僕も筋トレ歴3ヶ月くらいの時から使っています。)

 

「初心者のくせに〜」とか言われても、無視でOKです!笑

 

手首を痛めると筋トレの質がガタ落ちします。

 

手首を安定させるのが下手な初心者こそ、リストラップを使うべきとも思いますね。

 

まとめ

 

以上が、リストラップの効果・おすすめ商品でした。

 

手首のケガを防いだり、ねらった筋肉に的確に効かせるためにもリストラップはおすすめですね。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。