『加圧シャツは効果なし!』マッチョは絶対に使わない理由

加圧シャツ 効果なし!?
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

いきなりですが、僕の考えを述べます。

 

加圧シャツを買うのは、お金の無駄です!!

 

加圧シャツは、うっとりするような甘い言葉で宣伝されています。

 

着るだけで筋肉がつく!

代謝がすごく上がる!

たるんだお腹が2週間でひっこむ!

 

これらは、あなたに加圧シャツを買わせるために、巧みにこしらえられた大げさすぎる宣伝文句です。

 

僕には、マッチョの友達や、いいカラダの知り合いがたくさんいます。

しかし、「加圧シャツのおかげで体が変わった。」なんて言う人を、ただの一人も知りません。

 

今回の記事では、加圧シャツを買うべきではない理由を説明します。

 

いち
もちろん僕も、加圧シャツは使っていません。

 

広告

締め付けるだけで筋肉がつくというのは嘘!

 

加圧シャツの宣伝ページでは、以下のようなことがよく書いてあります。

 

加圧シャツは、体を締め付ける。それにより、体を動かすときに負荷が生じ、筋肉が成長する。

 

これは、筋トレの知識がある人から見ると、爆笑レベルの大げさ宣伝です。

 

加圧シャツの負荷では、筋肉はつかない

 

筋肉を少しでも成長させたければ、
10〜15回くらいしかできないような、強い負荷の運動をしなければいけません。

 

ダンベルを使った強い負荷のトレーニング

 

なので、「ちょっとばかり締め付けの強いシャツ」レベルでは、

筋肉は全くと言っていいほど成長はしません。

 

体が潰されてしまうくらいの、ゲキ強・加圧シャツなら話は別です。

しかし、日常生活に支障がないくらいの締め付けでは、筋肉の成長はのぞめないのです。

 

可動域をしっかりとらないと、筋肉は成長しない

 

加圧シャツで筋肉がつかない理由。

 

2つ目は、加圧シャツを着ているだけでは、筋肉の可動域がとれないからです。

 

いち
聞き慣れない話かもしれませんが、簡単に解説しますね!

 

筋肉の成長には、筋肉をフルに動かすことが欠かせません。

 

腹筋トレーニングの可動域

 

腹筋トレーニングなら、
体を倒して持ち上げるという可動域で、腹筋を広く動かすことが大切なのです。

 

しかし、加圧シャツを着ているだけでは、もちろん筋肉をフルで動かすことにはなりません。

 

なので、加圧シャツを着てるだけでは、筋肉はほぼ成長しません。

 

ゴリラ先輩
筋肉は「広く動かしてなんぼ!」なんだよ。

 

「加圧シャツを着て筋トレ」は、もはや意味が分からない

 

加圧シャツの中には、

「このシャツを着て筋トレすれば、効果が上がります!」

と、宣伝しているものも多いですよね。

 

しかし、これに関しては、

意味不明。

としか言いようがありません。

 

筋トレをする時には、なるべくゆったりしたウェアで、筋肉の動きを邪魔しないことが重要です。

筋肉を自由に動かして、フルでパワーを発揮させるのが、筋肥大には必須なのです。

 

また、加圧シャツを着ていると、
インターバル中の筋肉の回復を妨げる可能性すらあります。

 

締め付けるだけで痩せるというのも嘘!

 

加圧シャツを勧めるサイトでは、以下のように書いてあることも、多々あります。

 

加圧シャツの締め付けで、消費カロリーがアップして、痩せられる。

 

これを見ると、加圧シャツを着ることで、
あたかも簡単に痩せられるようなイメージを持ってしまいます。

 

痩せている、スタイルの良い女性

 

しかし、これも大げさ以外の何者でもありません。

 

加圧シャツを着ても消費カロリーは低い

 

加圧シャツの消費カロリーは、かなり少ないと考えられます。

 

そもそも、1時間のウォーキングでの消費カロリーは、約210kcalです。

(体重50kgの人が、時速4kmで歩いたとき)

 

ウォーキング

 

おにぎり1個のカロリーが180kcalほどなので、

ウォーキングは、「やった感」の割に、それほどカロリーを消費しません。

 

これに対して、加圧シャツを着ているだけで、ウォーキング以上のカロリーが消費できるとは考えにくいのです。

 

広告

多くの人が「加圧シャツに効果がある」と思ってしまうわけ

 

加圧シャツに効果があると、勘違いする人が多い理由は、その名前にあります。

 

加圧シャツというと、トレーニング界で脚光を集める加圧式トレーニングとごっちゃになってしまいがちです。

しかし、加圧式トレーニングと加圧シャツは全く違うものです。

 

加圧トレーニングとは、血流を制限して、短時間・軽重量でする筋トレです。

 

加圧シャツのメリットをあえて上げるなら

 

ここまで、加圧シャツに効果がない理由を述べてきました。

 

しかし、デメリットを上げるだけでは、フェアではない感じがします、、。

なので、メリットも上げてみます。

 

  • 食事制限する気になれるかも
  • 着痩せ効果はのぞめる

 

食事制限をする気になれるかも

 

「加圧シャツ買ったんだから!」

「食事制限もして効果を上げたい!」

 

加圧シャツを買うと、上のように考えて、すんなりと食事制限に入れるかもしれません。

また、「お菓子食べるのやめよう。」と思えるようになるかもしれません。

 

食べる量が減ると痩せられるので、この効果はいいかもしれませんね。

 

しかし、覚えておいていただきたいことは、

加圧シャツを買わなくても、食事制限をすれば痩せる。ということです。

 

着痩せ効果はのぞめる

 

加圧シャツは、かなりピチピチの締め付けが強いシャツです。

そのため、インナーシャツとして利用すると、着痩せ効果があるかもしれません。

 

広告

腹筋トレーニングをするのが1番いい

 

もしもあなたが、

  • 引き締まったお腹になりたい
  • 腹筋を割りたい

 

と思っているなら、加圧シャツじゃなくて、正しい腹筋トレーニングをしてください。

 

教えます!ぼくが腹筋をバキバキに割った筋トレ【ビフォーアフターあり】

2018.04.14

 

女性の方は、こちらを見てみてください(↓)。

腹筋女子になるための【筋トレ&食事】6つのポイント

2018.05.04

 

理想の体には、正しいトレーニングが1番大切です。

大げさな宣伝に惑わされず、トレーニングをコツコツ続けてもらいたいですね。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

いち
TwitterInstagramでも、筋トレを成功させるコツなど発信しています。よろしければフォローお願いします^^

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA