『筋トレするとハゲるの!?』〇〇な人はハゲる

筋トレハゲる!?
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

「筋トレすると男性ホルモンが増えるから、ハゲるんやで!」

と言う人は、結構多かったりします。

 

筋トレを始めたい・始めてる人からすると、めちゃくちゃ怖いですよね。

 

「ハゲるんなら筋トレやめよう。」ともなりかねません。

 

実は、僕も、1年前くらいに、

「筋トレハゲる説」を知り、恐怖におののいていました。笑

 

そして、真実をつかむべく、調べに調べました。

 

ということで、今回は、「筋トレしたら、本当にハゲるのか?」というお話をします!

 

いち
結論から言うと「筋トレは、直接にはハゲの原因にはならない」です。

 

広告

男性ホルモンとハゲの関係

 

「男性ホルモンが多い人は、ハゲる。」

 

男性ホルモンの多そうな男性

 

この説は、まことしやかに知られています。

 

しかし、男性ホルモンとハゲの関係は、そんなにシンプルではありません。

 

男性ホルモン・テストステロンとハゲには、下のような関係があるのです。

 

いち
下の図をみながら、読んでください^^

 

  1. テストステロンと、5αリダクターゼ(体内酵素)がくっつく
  2. ジヒドロテストステロンができる
  3. ジヒドロテストステロンが、頭皮の男性ホルモン受容体とくっつく
  4. TGF-β1ができる
  5. ハゲる!

 

テストステロンがTGF-β1になるまでの図解

 

つまり、テストステロンがどんどん形を変え、
TGF-β1になったらハゲるということなのです。

 

筋トレでハゲる人・ハゲない人

 

筋トレをすると、男性ホルモン・テストステロンは増えます。

 

しかし、テストステロンが増えてもハゲない人もいるのです。

つまり、テストステロンが増えても、TGF-β1(ハゲの原因)が増えない人はハゲない、ということです。

 

まず、5αリダクターゼという酵素が、体内に少ない人はハゲません。

 

テストステロンがTGF-β1になるまでの図解 5αリダクターゼを強調ハゲの原因物質ができるまで

 

なぜなら、5αリダクターゼが少ない人は、

テストステロンが増えたとしても、ジヒドロテストステロンは増えないからです。

 

また、頭皮の男性ホルモン受容体が少ない人も、筋トレしてもハゲません。

 

テストステロンがTGF-β1になるまでの図解 男性ホルモン受容体を強調

 

ジヒドロテストステロンと、(頭皮の)男性ホルモン受容体がくっつくことで、

ハゲの原因であるTGF-β1が生まれるからです。

 

ということで、以下のものが体の中で少ない人は、筋トレをしてもハゲない、と言えます。

 

  1. 5αリダクターゼ
  2. TGF-β1

 

しかし、これらが多い人は、筋トレをすることでハゲる可能性があるのです。

 

いち
僕は、今のところハゲていません、、^^;

 

広告

筋トレで、ハゲを防止できる場合がある!?

 

ここまで、筋トレでハゲる可能性がある、というお話をしてきました。

 

しかし、筋トレで、逆にハゲを防止できる場合もあるのです。

 

細胞の老化によるハゲは、筋トレで防止できる!?

 

40歳を超えたあたりから、男性でハゲる人は急増します。

 

ハゲた中年男性

 

これには、老化が関わっているのです。

頭皮の細胞が老化することで、毛根が細くなり、脱毛がすすみます。

 

しかし、筋トレをすることで、

若返り効果のある成長ホルモンも多く分泌されるのです。

 

これにより、頭皮の細胞の老朽化を遅らせることができ、ハゲの防止効果がのぞめます。

 

成長ホルモンは10代後半から、徐々に減っていきますが、

筋トレで、量を増やすことができます。

 

これは、マッチョに肌がキレイな人が多いこととも関係していますね。

 

『筋トレをすると若返る!』成長ホルモンetc...4つの効果

2017.09.27

 

テストステロンを増やすことで、逆にハゲが防止できる!?

 

また、老化に伴い、テストステロンの量も減ってきます。

 

老人

 

テストステロンが減ると、ハゲの原因になるジヒドロテストステロンの量が増えると言われています。

これは、テストステロンの減少を補うためです。

 

なので、テストステロンが減ったゆえにハゲてしまった、というパターンもあるということなのです。

 

現に、40代以降でハゲるのは、テストステロンの減少によるものが多いのではないでしょうか?

 

 

つまり、老化によるハゲは、筋トレで防ぐことができるかもしれません。

 

それでも僕は筋トレします。

 

今回の記事では、

 

  1. 筋トレでハゲる人もいるし、ハゲない人もいる
  2. 老化によるハゲは、筋トレで防げる可能性がある

 

というお話をしました。

 

結論を言うと、筋トレでハゲる・ハゲが加速する人もいます。

 

しかし、ここからは僕個人の考えですが、

ハゲる人は何をしても結局ハゲる!

と思っています。

 

さらに、僕は多少ハゲが加速しても、筋肉がある方が良いと思っています。笑

 

ということで、僕は、もしハゲてきたとしても筋トレを続ける予定です。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

いち
TwitterInstagramでも、筋トレを成功させるコツなど発信しています。よろしければフォローお願いします^^

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA