ワンダーナッツCEO・中山善貴氏にインタビュー!フィットネス×ITの未来とは!?

ワンダーナッツ 中山CEO 取材してきた!
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

先日、ワンダーナッツというフィットネスITベンチャーのCEO・中山善貴さんにインタビューしてきました!

 

フィットネス最先端を走る中山さんが考える、フィットネスとITの未来とは、どんなものなのでしょうか?!

 

広告

ワンダーナッツ中山CEOのプロフィール

 


中山CEOは、1993年7月18日生まれ、三重県の出身。

 

いち
僕の2コ上の、若き起業家です!

 

高校卒業後、18歳で、昭和シェル石油に入社。

 

しかし、入社後は、SpaceXのイーロンマスクや、FaceBookのマーク・ザッカーバーグに憧れ、

インターネットを使ったビジネスを自分で始めたいと言う思いが強くなったそうです。

 

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿

火星に人類を送る計画をしているイーロンマスク氏。人類の発展に寄与する宇宙計画の第一人者です。

 

そして、22歳で会社を辞めて、上京。

現在CEOをつとめている株式会社ワンダーナッツを起業したそうです。

 

その後、フィットネスブームと、自身のダイエット経験から、

 

女性向けフィットネス動画サービスを展開しています。

 

中山CEOの手がけている女性向けフィットネス動画サービス

 

中山さんは、投資家から5,000万円の資金調達をした後、

IT×フィットネスの事業に乗り出しました。

 

 

会員制・女性向けフィットネス動画サービス『LEAN BODY(リーンボディ)』

 

現在、中山さん率いるワンダーナッツが力を入れているのが、

『LEAN BODY(リーンボディ)』という、女性向けフィットネス動画サービスです。

 

『LEAN BODY(リーンボディ)』のホームページ画像

 

『LEAN BODY(リーンボディ)』は、月額1,480円で、ハイクオリティーな、

 

  • 女性向け、自宅トレーニング動画
  • ヨガ、ピラティス動画
  • ストレッチ動画

 

を見放題、達成目標なども立ててくれるサービスです。

 

広告

中山CEOのフィットネス文化を作りたいという野望

 

フィットネスは近年、特に若者の間で流行をみせていますが、

中山さんは、この流れに乗りつつも、さらに自社サービスでフィットネス文化を押し広げていきたいと言います。

 

株式会社ワンダーナッツ ロゴ

 

トレーニング・フィットネスへの一般の認知度はどんどん上がっていますが、

それでも、ダイエットは太った人がするもの・トレーニングはゴリマッチョがするもの、という偏見はいまだにあります。

 

中山さんはそのような状況を変えて、フィットネスがもっと一般的なものになることを目指しているそうです。

 

ヨガをする人々

 

そうすれば、予防医療としても役に立ちますし、

体が変わって自信をもてるようになる人も増えて、社会が幸せになる、と。

 

動画型サービス『LEAN BODY(リーンボディ)』をつくることにした理由

 

では、フィットネス文化を広げるために、

なぜ中山さんは、フィットネス動画サービスをつくることにしたのでしょうか?

 

いち
聞いてみました!

 

自身がパーソナルトレーニングを受けた経験

 

近年のフィットネスと切っても切り離せないのが、

ライザップをはじめとした、近年のパーソナルトレーニングの盛り上がりです。

 

中山さん自身も、ダイエットのために、あるパーソナルトレーニングジムに通ったことがあるとのことでした。

 

 

そこで感じたのが、値段の高さと、食事制限への疑問でした。

 

中山CEO取材中の中山さん。

 

まず、言わずもがな、パーソナルトレーニングは1ヶ月10万円を超えてくる場合が多く、

富裕層を対象としたサービスであることは否めません。

 

そして、中山さんは、パーソナルトレーニングの、

短期間で・食事制限をして痩せる、というコンセプトに疑問を感じたそうです。

 

いち
どうしてなのでしょうか?

 

その理由が、リバウンドの危険もあるし、何より幸福じゃないから

 

まず、短期間で痩せると、どうしてもリバウンドの危険は伴ってきます。

 

そして、中山さんは、

自分は食事を楽しみたいし、ご飯も食べたいんだ!と言います。

 

いち
ダイエット=我慢、という「前提」から疑ってかかるというのが、いかにも起業家らしいなと僕は感じました。

 

しかし、食事制限をほぼしないとなると、残された手段は一つだけです。

 

 

運動の習慣化。

中山さんが目をつけたのは、そこでした。

 

広告

『LEAN BODY(リーンボディ)』でこだわったポイント

 

中山さんの至上命題は、

ユーザーに運動を習慣にしてもらい、健康的にステキな体を手に入れてもらうことです。

 

そのために、『LEAN BODY(リーンボディ)』にどのような施策を凝らしたのでしょうか?

 

モチベーション爆上げ!とにかくハイクオリティーなフィットネス動画

 

中山さんの考えるハイクオリティーな動画とは、

 

  • 「画」がとにかくイケてる
  • レッスンが楽しい

 

という2点だそうです。

 

そこで、『LEAN BODY(リーンボディ)』の動画の「画」を見てみてください。

 

『LEAN BODY(リーンボディ)』動画のワンシーン1ヒップアップのエクササイズ動画より

 

『LEAN BODY(リーンボディ)』動画のワンシーン2体幹トレーニングの動画より

 

 

いち
これは確かにホントにかっこいい!

 

光の当たり方やアングルまでこだわった、かなりクオリティーの高いフィットネス動画になっています。

 

 

さらに、人気インスタグラマーやフィットネスモデルの方を、インストラクターに起用しています。

 

渋谷 美穂さん(@miho_fitness)がシェアした投稿

 

里見茜さん(@satomiakane)がシェアした投稿

 

これにより、レッスンを楽しんでもらったり、

ユーザーのモチベーション維持といった効果が期待されますね。

 

フィットネス業界を盛り上げるワンダーナッツのサービスに期待!

 

今回の取材では、

中山さんの、フィットネスを盛りあげたいという野望に、僕も、フィットネスメディアを運営するものとしてかなり共感しました。

 

フィットネスが広がれば、健康な精神・体を手に入れる人が増えます。

そして、体が変わったことで自分に自信をもてるようになる人も増える、と僕は確信しています。

 

現在でも、YouTubeでヨガ・トレーニングの動画を、無料で見ることは可能です。

 

しかし、どのくらいの人が、そのような動画で、運動を習慣にできるでしょうか?

 

やはり、2、3日で嫌になってしまう人が多いのではないでしょうか?

 

そのような中で、中山さんの展開している「運動を習慣にする」ためのサービスには、僕も非常に期待をしています。

 

「健康で美しいカラダの人を増やす!」という中山さんの、今後の展開が非常に楽しみです!

 

『LEAN BODY(リーンボディ)』のHPはこちらから

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

いちと中山さん僕も中山さんのようにでかい野望を持ってやるぞ!と思いました。

 

いち
TwitterInstagramでも、筋トレを成功させるコツなど発信しています。よろしければフォローお願いします^^

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA