【一日5食でダイエット効果】こまめに食事で嬉しい効果5選!

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

結論から言うと、食べる量はそのままで、食事をこまめに摂るとやせます!

詳しくみていきましょう。

広告

ダイエット効果5選

まず前提。

1日5食にするということは、1食あたりの量を減らすということです。

普通の3食分の量を5食で食べるということなので、決して食事の総量が増えるということではありません。

 

ちまたでは1日3食が最高、完食はダメという迷信が流れています。

しかし、科学的に考えるとダイエット、健康、筋肉増強、どれを取っても1日5食の方が効果的です!

その①、インシュリンの分泌量が減る

まず、空腹時の食事はエネルギーの吸収率が非常に高いです。

そのため脂肪にもなりやすく、さらに空腹時にはついつい食べ過ぎてしまうものです。

意外かもしれませんが、空腹を作らないということはダイエットの成功にとって重要な要素なのです。

その②、使いきれないエネルギーが脂肪になるのを防げる

1回の食事量が多ければ多いほど、吸収はしたけど使いきれないエネルギーが増えます

その消費されなかったエネルギーは、一定時間血中をただよった後、脂肪になってしまいます。

一気にエネルギーが入ってきても使いきれない、ということなのです。

そのため一回の食事を少なくして、入ってきたエネルギーを使い切ってあげることが大切なんです。

その③、消化器官が常に動いていることでカロリー消費

あまり知られていませんが、実は、内臓が食べ物の消化をするのにもエネルギーを使っているんです。

1日で、一般的な男性で200kcal、女性で180kcalですね。

でもこれは1日に3食しか食べない人での計算です。

そのため、5食の人は少なくとも+100kcalほど多く消費していることになります。

1ヶ月で+3000kcal。これはなかなかバカにならないカロリーですよね。

ちなみに、3000kcalというのは、500mlのペットボトル1本ちょいの量の体脂肪に相当するカロリーです。

その④、リバウンドのリスクが減る

ダイエット後にリバウンドしてしまう最大の要因は、筋肉量の減少によって基礎代謝が落ちてしまうことです。

食事回数を多くすることで筋肉に常にアミノ酸が供給されて、筋肉減少のリスクが減ります。

その⑤、空腹になりにくい

ダイエットの宿敵といえば空腹ですよね。

1食の量が少ないとはいえ、5回食事をすればかなり空腹はマシになります。

ダイエット経験のある方ならわかると思いますが、この効果は計り知れませんよね。

一日5食ダイエットをはじめよう!

以上が1日5食ダイエットのメリットです。実際、やせたいなら今すぐはじめてもらいもらいたい程効果バツグンです。

やり方としては、普段の食事を8割くらいに減らしながら、食事と食事の間に、低カロリー高タンパクの食品を挟むのがオススメです。

無糖ヨーグルト、サラダチキン、などが良いですね。

忙しくて食べる暇がない人は、牛乳やプロテイン、プロテインバーでも大丈夫ですよ!

広告

まとめ

以上が1日5食ダイエットのメリットと方法でした。

適切な完食は健康にもダイエットにも効果的です!

ぜひ取り入れてみてくださいね。

では最後まで読んでいただきありがとうございました。^^

 

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。