【ヘルシア】カテキン・クロロゲン配合、運動前に飲んで脂肪燃焼効果

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

今回の記事は、「ヘルシア」について。

賛否両論あるヘルシアですが、実際に脂肪燃焼に効果的な成分が入っています。

その成分と、ヘルシアを最大限に活用する方法を紹介しますね!

広告

ヘルシアには脂肪燃焼の成分が3つ入っている

その成分とは、「カテキン」、「クロロゲン」、「カフェイン」。

カテキンに関しては、540mgも入っています。

これは、湯のみ1杯分量の5、5倍!

では、これらの成分には、どのようなダイエット効果があるのでしょうか?

「カテキン」運動時に脂肪を分解する

カテキンがそもそも何かと言うと、お茶の渋み成分です。

ヘルシアは確かにかなり渋い味をしていますが、それはカテキンが大量に入っているからなんですね。

そして、このカテキン、

体脂肪を分解して、運動時のエネルギーとして使えるようにする、という効果があります。

(β酸化関連酵素を活発化させることで、体脂肪を分解しやすくしてくれています。)

そのため、有酸素運動前にヘルシアを飲むことで、脂肪燃焼効果が高まります

血糖値の上昇をゆるやかにする効果も

また、ヘルシアは血糖値の上昇も抑えてくれます。

そのため、食べたものが脂肪になりにくくなるんです。

この効果は、ヘルシアを、食事前・中・後に飲むことで得られます。

広告

「クロロゲン」脂肪を効率的にエネルギーにする

このクロロゲンは、ミトコンドリアに脂肪を送り込む量を増やしてくれます

どういうことか説明しますね。

そもそもミトコンドリアとは、細胞内の「火力発電所」みたいなものです。

ここに、脂肪を送り込むことで、脂肪を燃やして、「発電」します。

そして、出来上がったエネルギーは、体の運動に使われる、ということです。

 

そのため、クロロゲンをとることで、より多くの体脂肪をエネルギーに変えられる、ということなのです。

この、クロロゲン効果は、有酸素運動と相性最高です!

血液をサラサラにする効果も

また、クロロゲンは血液中の悪玉コレステロールを減らす働きもしてくれています。

そのため、血液サラサラ効果があります。

「カフェイン」脂肪燃焼のホルモン分泌

そして、ヘルシア1本(350ml) には、コーヒー(インスタント)をカップ1杯分と、同じ量のカフェインが入っています

ご存知の通り、カフェインには交感神経を刺激する「覚醒作用」があります。

そのため、カフェインを摂った後に運動をすると、アドレナリンが大量に分泌されるのです。

そして、このアドレナリンは、体脂肪を分解して、運動のエネルギーにしてくれる効果があります

広告

まとめ

このように「ヘルシア」には、脂肪燃焼効果の高い成分が含まれています。

そして、これらの成分は「有酸素運動」と非常に相性が良いです。

ヘルシアを飲んでから、ウォーキングやジョギングなどをしてみてださいね!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。^^

【non-Logical Column】僕がヘルシアを5本飲みながら、富士山を登った話

僕は、3年前の8月に富士山に登りました。

ヘルシアは有酸素運動と相性がいいと知っていたので、その時に、ヘルシアを5本のみながら登ってみました。

まあ、実際に下山してみたら体重が2kg減っていましたが、それは単純に水分が抜けただけかもしれません。

(ある程度は、ヘルシアの効果で脂肪が燃焼されたはずですが。)

でも、一つ分かったことがあります。

渋い味は、飲みすぎると、酸っぱく感じられてくる!!

 

 

 

(……どうでもいいがな!)

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。