『筋トレ中に筋肉がつる…!』5つの原因&解決方法

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

今回は筋トレ中に、筋肉がつる原因と解決方法を紹介します。

 

つってしまう部位で、とくに多いのが、

ふくらはぎ、腹筋、太もも

ですね。

 

筋トレ中につる原因を詳しくみていきましょう!

 

広告

つる原因① 水分不足

はじめに、筋トレ中に筋肉がつる原因として多いのが、

水分が足りていないこと。

なぜ水分不足だと、筋肉がつるのか?というと、

  1. ミネラルが足りなくなるから
  2. 血流が悪くなるから

です。

 

まず、水にはミネラルがたくさん含まれています。

カルシウム、鉄、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などです。

 

これらミネラルは筋肉の動きを調整する働きをしています。

そのため、ミネラルが足りなくなることで、筋肉をコントロールできなくなり、

筋肉がずっと収縮しようとした状態、

つまり、つった状態になるのです。

 

また、水分不足だと血流が悪くなります。

これも筋トレに筋肉がつる原因になります。

筋トレ前・中には水をしっかり飲もう

喉が渇いた、

と感じる前に飲むようにしましょう。

喉の渇きを感じる時には、もうすでにかなりの水分がなくなっています。

つる原因② ビタミンB1不足

ビタミンB1の働きがこちら。

  • 神経のエネルギーをつくる
  • 糖質を筋肉のエネルギーに変える

 

筋肉を動かしているのは、筋肉の中の神経です。

ビタミンB1が不足すると、それら神経のエネルギーも不足するので、

神経がうまく筋肉をコントロールできなくなり、筋トレ中につることがあります。

ブロッコリーかサプリメントでビタミンB1を補給

野菜の中でビタミンB1が多いのは、ブロッコリーです。

筋トレ中に筋肉がつってしまい、野菜不足が思い当たる人は、ブロッコリーを食べるようにしましょう。

ビタミンB1のサプリメントでもOKです。

 

広告

つる原因③ 食事の不足

食事が足りていなくても、筋トレ中に筋肉がつることがあります。

それは、そもそものエネルギーが足りず、筋肉が満足に働くことができなくなってしまうからです。

ダイエット中で、食事制限と筋トレをしている人は、注意が必要ですね。

筋トレ前に少し糖質をとる

筋トレ中につってしまうと、筋トレの質を落としてしまい逆効果です。

食事制限をしていて筋肉がつったことがある人は、筋トレ前に少しだけでも糖質をとるようにしましょう。

おにぎり半分くらいでOKです。

 

体脂肪は糖質と一緒に燃えるので、筋トレ前の糖質はダイエットにも有効です。

つる原因④ 久々に筋トレをした

例えば、腹筋などを久々に行なった時に、つることが多いです。

 

これは久しぶりに筋肉が強く収縮したので、神経がうまく筋肉をコントロールできなくなっているからです。

久しぶりの筋トレは徐々に負荷を上げる

久しぶりに筋トレをする時には、

徐々に負荷を強くしていきましょう。

これによって神経を負荷に慣れさせることが大切です。

広告

つる原因⑤ 体が温まっていない

冬に筋トレをするときなど、

体が十分に温まっていなくてもつることがあります。

体が温まっていないと、全身に十分な血液が行きわたっておらず、

筋肉の働きが落ちてしまっているからです。

体が冷えていたら有酸素運動を10分くらい行う

体が冷えているなと感じたら、

筋トレ前に10分くらいの有酸素運動を行いましょう。

これによって体が温まり、筋トレの質もアップします。

 

ちなみに、筋トレ前に15分以上有酸素運動をするのはNGです。

筋トレ中の成長ホルモンの分泌を妨げて、効果がダウンしてしまうからです。

まとめ

以上が、筋トレ中に筋肉がつる5つの原因と解決方法でした。

  1. 水分不足
  2. ビタミンB1不足
  3. 食事の不足
  4. 久しぶりに筋トレをした
  5. 体が温まっていない

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。