【BCAAおすすめ4選!】コスパ、僕が使った感想など紹介

BCAAおすすめ
The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。      

 

こんにちは、いちです。

 

今回は、筋トレでプロテインの次に大切なサプリメント、

 

BCAA

のおすすめを紹介します!

 

値段・味で比較した後に、

実際に僕が使ってみた感想も書いているので、

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

いち
僕も筋トレ中に、毎回BCAAをとっています。

 

広告

「はじめに」僕がBCAAを使う理由

 

筋トレをしている人で、プロテインを飲んでいる人は多いと思います。

実はBCAAは、プロテインの成分の1つです。

 

✴︎厳密には、プロテインなどタンパク質が体内で分解されて、BCAAを含むアミノ酸になります。

 

では、筋トレ前や筋トレ後に、
BCAAを単体でとるメリットは何なのでしょうか?

 

  • 筋肉の持久力をアップさせる
  • 筋トレ中の、筋肉分解を防ぐ
  • 筋トレ後に、筋肉合成をアップさせる

 

いち
BCAAは、僕の中で、かなりオススメのサプリです。

 

BCAAは筋肉のエネルギー源になる

 

まず、BCAAは筋肉のエネルギーになります。

それにより、筋トレをよりハードに行うことが可能になるのです。

 

いち
特に、減量中に、この効果を感じやすいですよ!

 

BCAAにより、筋肉分解が抑えられる

 

実は、筋トレ中には、筋肉が多少分解されています。

 

ゴリラ先輩
筋トレ用語で、カタボリックと言うよ。

 

筋トレではかなりのエネルギーが必要になるので、筋肉までも分解されて、エネルギーに変えられてしまうのです。

 

BCAAは、このカタボリックを防ぐことが実証されています。

筋トレ中に、筋肉が減るのを防いでくれる、というわけです。

 

BCAAで、筋肉の合成が高まる

 

BCAAには、3つのアミノ酸が含まれています。

 

  1. バリン
  2. ロイシン
  3. イソロイシン

 

この中で、ロイシンには、
筋肉の合成を、促す効果が認められています。

「ロイシンが筋肥大に効果的な理由」はこちらの記事で詳しく解説しています。

 

BCAAの効果について、もっと知りたい方は下の記事をご覧ください!

【BCAA】4つの効果&飲み方

2017.06.22

 

いち
では、おすすめのBCAAを紹介しますね!

 

おすすめのBCAA、実は2強です。

実は、「BCAAを飲むならこの2択だ!」というBCAAがあります。

 

それが、この後紹介する、

MRM『BCAA+G 1000』と、

SCIVATION『XTEND(エクステンド)』

 

この2つのBCAAは国内、海外問わず人気で、

筋トレ界の、多くの有名人も使っています。

 

僕も最近ではこのどちらかしか使っていません。

 

じゃあ、冒頭タイトルの「BCAAおすすめ4選」の、残りの2つは何なんだ?と言うと、

 

一つが、日本製のBCAA。

もう一つが、比較的飲みやすいBCAA。

 

おすすめ2トップのBCAA『BCAA+G』、『XTEND(エクステンド)』は、共に海外製です。

海外製がどうしても嫌な人に、

国産BCAA『ビーレジェンドBCAA』

を紹介します。

 

また、2強のBCAAはコスパ・効果は最高なのですが、味に少しクセがあります。

 

慣れれば大丈夫だとは思いますが、それよりも比較的飲みやすい、

『ASSAULT(アサルト)』も紹介します。

広告

おすすめBCAA① MRM『BCAA+G 1000』

まず、僕の1番おすすめのBCAA、

MRMの『BCAA+G 1000』

 

 

1000gで5000円弱です。

これは、BCAAの中ではトップクラスで安いです。

 

味は、酸っぱい感じの爽やかなレモン風味。甘さは控えめです。

 

僕は結構おいしいと思っているのですが、人によっては物足りなさを感じることもあるようです。

 

『BCAA+G』を使ってみて

僕はこれを筋トレ前5g

ドリンクに混ぜて、筋トレ中に10g飲むようにしています。

 

最も大きな体の変化は、トレーニングの粘りが効くようになることです。

 

例えば、

筋トレを1時間半くらいする時、最後の方は集中力が切れることがありますよね。

それによって、筋肉を追い込み切ることが難しくなります。

 

しかし、このBCAAを飲んでいると、筋トレの後半でも集中力を持続することができます。

 

安いですが効果は体感できているのでおすすめです!

 

水に混ぜるとこんな感じです。

 

 

『BCAA+G』にはグルタミンも含まれる

『BCAA+G』の「G」とは、

グルタミンのことです。

このBCAAにはグルタミンが含まれています。

 

グルタミンとはアミノ酸の一種で、

 

免疫力がアップさせる働きがあります。

激しい運動をするとグルタミンが消費されていきます。

これによって風邪を引きやすくなるので、ハードな筋トレをするなら摂った方が良いと言えます。

 

また、グルタミンは、筋トレ中の疲労を和らげることも分かっています。

これにより、疲労が蓄積してしまうリスクも下がりますよ。

 

体のコンディションを保つためにも、グルタミン入りの『BCAA+G』はかなりおすすめなのです。

おすすめBCAA② SCIVATION『XTEND(エクステンド)』

次に紹介するのが、

おそらく世界で1番有名なBCAA、

SCIVATIONの『Xtend(エクステンド)』です。

 

 

値段は、僕の確認した限り、1200gで5000円弱

おそらく一番安いBCAAです。

 

『Xtend(エクステンド)』の味は、先ほどとは異なり、だいぶ甘いですね。

また、『Xtend(エクステンド)』には様々な味のバリエーションがあります。

 

僕が飲んだことがあるのは、

「マンゴーネクター味」

「ストロベリーキウィキウィ味」

「グリーンアップル味」ですが、

 

「マンゴーネクター味」と「グリーンアップル味」がクセが少なく飲みやすいと感じています。

 

『Xtend(エクステンド)』を使ってみて

『Xtend(エクステンド)』でも、持続力アップの効果を実感することができました。

 

また、

『Xtend(エクステンド)』は普通に飲むとかなり甘いのですが、

ハードな筋トレ中なら、むしろちょうど良いと感じました。

 

甘さを感じることで、気分のリフレッシュもできるので、

ハードな筋トレを行う人には特におすすめです。

 

 

グリーンアップル味を水に混ぜるとこんな感じです。

 

 

『Xtend(エクステンド)』は溶けやすい

また、エクステンドには「溶けやすい」というおすすめポイントもあります。

 

基本的にBCAAとは、水に溶けにくいものです。

 

例えば、筋トレ中のドリンクに混ぜる場合、

混ぜてから15分くらい待たないと、溶けないBCAAが多いのです。

 

しかし、『Xtend(エクステンド)』は一瞬で水に溶けます。

これはなかなか便利ですよ!

 

以上が、おすすめ2トップのBCAAでした。

広告

おすすめBCAA③ be-legend『ビーレジェンドBCAA』

「やっぱり海外製のサプリメントには抵抗があるな、、」

という人には、『ビーレジェンドBCAA』をおすすめします。

 

 

日本製なので、日本人に馴染みやすい爽やかな味です。

 

値段は、

500gで5000円ちょっと、と高めですが、、。

 

効果もしっかりしているので、国産BCAAを求める人にはおすすめです。

おすすめBCAA④ マッスルファーム『ASSAULT(アサルト)』

最後に紹介するのが、マッスルファームの『ASSAULT(アサルト)』です。

 

 

一番最初に紹介した、『BCAA+G』、『Xtend(エクステンド)』がどうしても口に合わない、という人におすすめします。

僕も数回しか飲んだことはないのですが、

『ASSAULT(アサルト)フルーツパンチ味』はクセが少なく飲みやすかったです。

 

また、アメリカの老舗サプリメントブランド「マッスルファーム」の商品なので、効果も信頼できます。

 

345gあたり、3000円弱(1kgなら約9000円)と、少し高いのが難点ですが、、。

 

また、こちらの商品はamazonで取り扱っていないので、サプリメント通販『iHerb』で購入してくださいね。

広告

まとめ

以上が、僕のおすすめのBCAAでした。

基本的には、最初に紹介した2つのどちらかにするをおすすめします。

  1. 甘さ控えめなら『BCAA+G』
  2. 甘いのが好きなら『Xtend(エクステンド)』

 

そして、日本製が良いなら、

『ビーレジェンドBCAA』が良いですね。

 

海外製で、味にもこだわりたいなら、

『ASSAULT(アサルト)』がおすすめです。

 

こんな感じで選ぶと良いと思います!^^

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
この記事を書いた人

いち

筋トレ歴2年。体重62kg → 88kgの増量。ベンチプレスは40kg → 115kg。トレーニングや、スポーツ理論を勉強しています。